スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年度早期羽化メスと2本目交換完了

2本目への交換を全て終わらせて管理表のデータを更新しました。
交換結果についてはのちほど。
先に2017年度最初に羽化した早期メスの紹介しておきます。

1703-02 仮計測51.5~52.0mm 最終体重20.8g 10月上旬羽化
17103101.jpg 17103102.jpg 17103103.jpg
画像が3枚ありますが全部同じ個体です。
(カッコつけようとコルク樹皮の上で撮影したものの、姿が見にくいので手の上で撮影し直しました)
弾丸みたいな形の長い尻をしていて、今までウチでは出ていなかったスタイルのメスです。
ボトル交換直後にスイッチが入って体重を戻す前に蛹化してしまったことも影響しているのでしょうかね。
ボトル投入からだいたい5か月での早期羽化でした。
サイズは小さめですが、姿は良いので種確認のラインに使おうと思います。

この個体を見ていて気になったのですが、20g超まで育ったメスの食性を引き継ぎたいだけなら
交換後の体重を戻さずにワザと小さく羽化させる方が無理もなく、産卵時も扱いが楽かもですね。
それを狙うならマットで暴れさせて強制早期羽化というのも悪くない手段なのかもしれません。
とはいえ、自分はマット瓶の扱いが下手なので(酸欠をやらかすので)、
★になるリスクを考えると捨て菌糸ビンでの早期羽化しかやらないと思いますが・・・



オマケで数日遅れで2番手になった個体も紹介します。
1704-03 仮計測53.0~53.5mm 最終体重19.5g 10月中旬羽化
17103104.jpg 17103105.jpg
こちらは特筆するような印象もなく、ごく普通のYGっぽいメスですね。
尻の収まりが微妙ですが、種確認にはちょうどいい個体です。
このラインはギネス88の直系なので、なんとか上手に血を残していきたいんですよねえ・・・
お試しラインという名目で使って、うっかり大きいのが出たらいいなあw





さて、ボトル交換の結果ですが、だいたい29~30g台のオスが多かった印象があるので、
全体的に体重がもう2gくらいは欲しかった感じです。
やや物足りない数字ですが、1本目では体重を乗せない方向でいくのは成功したかなと思います。
昨年度の反省からこの方針でやってみましたが、ここから無事に体重が乗るか確信が持てないのが
過去に失敗ばかり繰り返したへっぽこブリーダーの悩みですね。

そんな中、SR×能勢産のC540ラインからなかなか良い幼虫が出てくれました。
17103106.jpg
この体重でまだ尻が太っていなくて若い幼虫のスタイルをキープ出来ているので、
ココから40g以上に乗っても無事に羽化できる力のある幼虫だと思います。
昨年度に89mm個体の出たラインもこんな感じの幼虫ばかりでした。
これがウチの能勢産のポテンシャルの高さだと思っています。
他の幼虫も2本目・3本目を食い上がってデブらずにこんな感じに成長してくれれば狙い通りです。
上手くいくといいなあ・・・

あとはボトル交換の後半からメスが想定外に多すぎて困りました。
派手に食痕が出ていたので半分くらいオスだと思っていたのですが、残っていたのはメスばかりでした。
結局、だいたい120頭中オスが45頭とかなり少なめになりました。
1400ボトルが絶対に足りなくなりそうだと思っていたのに随分余ってしまいました・・・
(´・ω・`)

次のボトル交換は12月末か1月上旬を予定していますが、
狙い通りに行ったらドンドン食い上がって12月中旬から交換することになるかもしれません。
そうなれば最高の結果になりそうです。
図らずもオスの数が少なくなったことですし、それぞれのボトルの状況に合わせて
ジャストのタイミングでボトル交換ができればいいなと思います。

それではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

更新早いですね!

上の早期に下の早期の上翅くっつけたら文句無しですねw
あるあるですが・・・
こればっかは、どうにもならない
惜しいなが、よくある季節・・・
とりあえず55.3mmあたりから
文句無しが出れば・・・
36g辺りが多ければ89mm超える可能性も高くなってきますね(*´ω`*)

C98さん

下の早期のが上翅イイ感じしますか?
そうなると自分の♀の見立てが良くないかもしれませんね。
(;´・ω・)ノ

目標は38~40gの幼虫をどのラインからも出すことでしょうか。
羽化の時期を迎えるにあたって一発の期待ができるだけの数を揃えておきたいですね。
それから大きい羽化個体の数をもっと増やして、
2~3番手の種親を大きさだけではなくスタイルから選べるようにならないと、
自己ブリでの90ミリ更新は難しそうな気がしています。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。