2016年度の最大個体は89.0mmでした

記事のタイトルで完全なネタバレですが、89ミリ個体の羽化結果発表です。
先月末から早く更新しなきゃと思いつつ、酷い風邪をもらい全く行動に移せませんでした。
やっと心身ともに少しだけ余裕ができたので頑張ってノギス撮影しました。


1608-12 能勢産(YG×SR) 最終体重40.9g
体長89.0mm  頭幅 30.25mm 前胸幅31.94mm 腹厚18.47mm
8900.jpg

固まった後の確定サイズは89.0mmとなりました。
前回の更新時には縮んでも89.1はいけるんじゃないかと思っていましたが、甘かったですね。
(/ω\)

来季はこの890個体と同腹894B個体の血を信じて、インラインの組み合わせを軸にして
次世代での一発狙いが出来るメスの準備をしようと計画しています。
YG×SRの能勢産で血の濃さには余裕があるはずですので、ハーフの強みを活かしたいと思います。

このラインの羽化成績は正直に言って補強元のShimaさんの力によるものだと思いますので、
今度は自分の力でこのラインの累代から90mmオーバーを出して、
最終的には能勢産の新しい血統を確立できたらいいなと今は夢見ています。
まずは親越えがノルマでしょうか。
いきなりエベレストに登らされるような心境ではありますが、脱落しないよう頑張りたいです。


下記は890個体の画像になります。
とても美肌のイケメン個体なので眺めていて幸せになります。
ちなみに昨年購入したものの完全に存在を忘れていたコルク樹皮を使っての撮影です。
手の上に乗せただけの画像と違って、高級感がにじみ出てきますね。良い雰囲気です。
下の画像をクリックすれば大きな画像が見れると思いますので、ご堪能ください。

8901.jpg 8902.jpg 8903.jpg

8905.jpg 8906.jpg

8904.jpg 8907.jpg 8908.jpg


お盆休みには2016年度の管理表を更新する予定です。
もうオスも後食を始めてしまったので、早く管理表アップして余品を売りさばかないと
全く手が回らなくなりそうです・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 こんばんは

89mm確定おめでとうございます!
前胸と上翅も閉めてるので文句なしでしょう(*´ω`*)

shimaさんの84.7mmにそっくりですね!

とりあえず2016のSRが、良さそうなら取っておきます。
2017SRは、早期出せたらで・・・

C98さん

コメントありがとうございます~
キッチリ89台で収まって一安心です。

確か固まる前の測定時に前胸と上翅の間を開いた状態で測定したら
ギリギリ89.3だった気がしますw
これはさすがに反則だろうと思って、ちゃんと体を閉めて撮影しています。
しかし、大きな個体だと顎の開き具合や体の開きだけでも数字の差がかなり出てしまいますね。
撮影方法も個人差がありますので、ノギスあてた画像というだけでは正直アテにならないですねぇ~。
大きいの出すといろいろ分かって疑心暗鬼になっちゃいますね・・・


890個体が種親の84.7mmにソックリとのことで安心しました。
来季は種オスのポテンシャルに期待するしかない状況ですからね。
この次の世代では種親に使うオスのアゴの形やスタイルを
自分の好みで選別できたらいいなと思います。
それができるとブリードがもっと楽しくなりそうですよね。


来季、自分でやるラインは血を濃くする方向で賭けに出ますので、
コラボのラインで安定した羽化実績を出せるのを期待していますよ。
よろしくお願いしますね~
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム