2017年度ババライン

こんばんは。
今回はババの現状報告になります。

「ババの2017年度の管理表」をアップしました。
全ラインとも産卵ケースで卵は確認できていたのですが、1702ラインだけ幼虫が採れませんでした。
卵は膨らんできて正常なように見えていましたが、確認できた卵3個全てがケース底にあって、
おそらく孵化直前でカワラ菌糸から出た水でダメになってしまったのではないかと思います。
孵化を急いで管理温度を23~24度と高くしたことの弊害かもしれません。
12月19日の産卵セット開始から孵化とボトル投入のタイミングもほぼ想定通りにいったのですが、
肝心の幼虫が1ライン分まるまる減ってしまったのは残念です。
もちろん予備のグリードSLケースも、カワラブロックも用意していたのですが、
いろいろありまして1702ラインのメスを再セットをするタイミングを逃してしまったので、
今年は1回目の産卵セットで採れた分だけ管理することにしました。

そんな感じで今年は1701→Aラインとして2頭、1703→Bラインとして6頭の計2ライン8頭体制です。
ババに関しては来季は補強して血の入れ替えをしたいと思っていて、
今年は少ない数の幼虫をちゃんと温度管理して次に繋げられる個体を出したいです。
頭数は少ないですが、今年の目標は変わらずオスの70mm超えです。
目標達成できなければ70mm以上のオスを補強をするハメになりそうなので、頑張ります!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム