早期メスと補強と設備増強

今シーズン最初の羽化個体が出ましたので、紹介ついでに近況報告をします。
ちなみに折れた足は手術の傷も塞がり、痛みもほぼ無くなって楽になりましたが、
未だに左足のかかとに体重が一切かからないようにして生活しています。これが想像以上の難易度です。
来月あたりに松葉杖1本で歩けるようになれば、ずいぶん行動が楽になるんじゃないかとは思います。


1602-33(A540ライン) 早期羽化メス50.0mmです。
16111501.jpg

16111502.jpg16111503.jpg
菌糸ビン1本目6/13に2令で投入して、最終体重15.3gから10月下旬の羽化です。
実質4か月半くらいですかね。
このメスは2本目への交換で唯一蛹化してしまった自然早期羽化個体で、
さすがに羽化までの時間が短かったようで、体重の割にサイズが稼げなかったですね。
実寸50.3mmだったので50.0mmとして扱います。
(今期は羽化個体を里子に出すことになると思うので、
安全策を取って大型個体以外はサイズを「.0」か「.5」に切り捨てて計測します。)

頭幅14.3mm、前胸幅20.2mm、腹の厚み13.4mmでした。
頭幅がやや小さめ、腹は厚め、尻がやや長めのスタイルですかね。
ギネス88直孫ラインですので、871系の長い顎が付いてくれれば同腹♂は良いバランスになりそうです。
このA540ラインからは早期メスをさらに7頭出す予定ですので、
体重乗った幼虫からドンドン良い個体が出てきてくれることを願うのみです。



それから、B団ともさんからペア82mmと55mmを補強しました。
16111504.jpg
この850×561ラインは86.5mm同腹ですが、40gオーバーの幼虫が6頭出ていました。
結果が極端なラインだけにチャレンジするには面白いかなと思いました。
血統背景は父♂85.0mm(Gullさんの1321)×母♀56.1mm早期(852×542)です。
母♀56.1mm早期は1610ライン(B団さんからの幼虫里子)の母方の祖母54.5mm早期と同腹です。
似たような血統を選んだのは、幼虫里子3頭がまさかの全頭オスだったので、
同じような方向性のメスを想定外に補強せざるを得なくなってしまったからです。正直キツいw
ペアの個体写真については、動けるようになってから撮影して2017年ライン表で紹介させてもらいます。

ただ、今のところ82mmオスは種オスの4番手でライン数を考えるとベンチ扱いになってしまいまして、
他の種オスが種無しだった場合か、自己ブリ早期メスが多めに出たら登板してもらう予定です。
とりあえずこれだけ揃えておけば来季の準備はバッチリです。
問題は自己ブリ早期メスが無事に揃えられるかどうか・・・





あとは最近、加湿空気清浄機「HXF-A25」とサーキュレーター「PCF-HD15」を買いました。
どちらもアイリスオーヤマの激安のモデルですが結構いいですね。

季節が変わり部屋を換気すると湿度が30~35度くらいになってしまうようになったこともあって、
いよいよ部屋に加湿器を導入することに決めました。
ブリード部屋(ただの自室)が狭いおかげか、有るのと無いのでは明らかに差があったので、
いざ使ってみてやっぱり空気清浄機と加湿器は必要だったなと思いました。
楽天で買ったんですがポイントなど付いて実質7000円ちょっとで購入できたので大満足です。
それに3月頃になって花粉症の症状が軽減できれば、それだけでも元が取れそうな予感ですw
あとは安物なので壊れずにどれだけ長く使えるかが問題ですね。
内部フィルター交換時期の2年くらい持ってくれればいいのですが果たして・・・

サーキュレーターの方も思っていたより効果がありました。
今年は普通の扇風機で部屋の空気を循環させていたのですが、扇風機の可動域では
顔から上あたりの空気は撹拌できていなかったのであまり効果がなかったです。
室温を安定させる目的で使うなら、風が天井まで届くサーキュレーターじゃないとダメですね。
こっちはヤフーの方でクーポンだなんだで送料込みで2200円くらいで買えたので、
もっと早く買っておけばよかったです。もう1個買っておいてもいいくらいですね。
オススメです。



今後は11月中にまだ残っている2本目への交換を(並べた椅子にうつ伏せに乗りながら)済ませて、
12月に入ったら本格的に3本目に交換です。
今のところ、レビンGに投入した本命のオスの幼虫に暴れは一切出ていません。
9月の2本目への交換が菌糸の劣化で想定外に早くなってしまったので、
2本目はできるだけ粘ってみて12月15日頃からの交換を予定しています。
それまでに自分がどこまで身動きが取れるようになっているかが勝負ですね。
毎日、牛乳を飲んで、昼からテレビで映画を見ながらゴロゴロして、治るように頑張ります。
(*´ω`*)ノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム