2017年度の種親候補の補強

今回は補強した2017年度の種親候補について書きます。

Enjoy OOKUWA Breed」のhinamax0708さんから補強したSG血統の84.5mmです。
SG845-01.jpgSG845-04.jpg
父親が88.3mm×母親が874同腹の55.3mmです。
同腹兄弟には88.3mmと88.1mmが出ています。
両個体とも神長きのこ園の店長日記に紹介されていたので見たことある方が多いんじゃないかと思います。
父方から2代続けて88ミリ台が2頭出ているので、かなり安定感があるラインだと思います。
hinamaxさんのところでは5頭の幼虫里子が
「88.3完品、87.5羽パカ、87.4羽浮き、当個体84.5、♀54.0」という成績だったようなので
完品羽化さえさせられれば一発というラインですね。
幼虫里子でこの成績はヤバい・・・そもそも自己ブリやる気を無くしかねない・・・

SG845.jpg
この個体はわずかな顎ズレで右が少しだけ短いのですが、3点計測で84.7mmくらいです。
hinamaxさんが記入した管理カードが「84.5mm」なのでウチでも84.5mm表記にします。
2015年度のブリードでは顎ズレは全く遺伝しませんでしたので、自分は顎ズレは気にしません。
尻は綺麗に収まっていて、体のバランスもとれているので、サイズ以上に可能性がある個体だと思っています。

SG845-02.jpgSG845-03.jpg
今年のギネスの件もありますし、SG血統からの次世代には期待しちゃいますよね。
この個体とペアにするメスについては全く考えていないので、
今季のブリードで良いラインが出たら早期メスを合わせようかと思っています。




それから、C98さんのところで既に公開されてるので、もう1頭も紹介してしまいます。
C98さんと一緒にGullさんから889同腹のペアを共同補強しました。
自分が管理するのは1511ラインのオス83.0mmです。
Gu830-01.jpgGu830-04.jpg
相変わらずの写真ですいません。
今回の種オス撮影のためにライトを購入したんですが全く無駄でしたね・・・改善してない・・・

Gu830.jpg
どうやら恒例になっているらしい表記サイズと実サイズの差はこんな感じでしたが、
管理カードが「83.0ミリ」なのでウチでも83.0mm表記にします。
一人前のブリーダーにとって、これくらいのサイズは誤差ですよね・・・誤差・・・

Gu830-02.jpgGu830-03.jpg
この個体は足で掴む力が強くて撮影中に指の皮がボロボロになりました。
なかなか期待できそうな感じです。

父親1306ライン、母親1409ラインと今季のライン表に同じ数字がチラホラ見えていて
早期メスを合わせるにしても来季の組み合わせに少し悩みそうな雰囲気ですが、
可能ならYGの方は敢えて血を濃くして良い効果を狙ってみようかなと今は考えています。
先ほどのSG血統の種オスが血を薄める方向を担ってくれるはずなので、
同じラインの早期メスを組み合わせてみてどちらかには良い結果が出るんじゃないかと思います。


hinamax0708さん、Gullさん、今回は素晴らしい個体を譲ってくださってありがとうございました。
次の世代の羽化実績を伸ばすことで、少しでも還元できればと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム