2015年度最大個体

連休中に飼育個体のマットを総入れ替えして部屋の掃除をしたので
使ったマットについて書こうと思ってたのですが、都合により先に2015年の最大個体を公開しておきます。
近年の他のブリーダーさんの羽化成績を見ると公開する必要あるのかってレベルですが・・・

1508-02 84.0mm 頭幅28.7mm、前胸幅30.4mm
DSC_0168.jpg

DSC_0167.jpg DSC_0170.jpg

相変わらず背面からの写真が酷くて良さが伝えられませんが、アゴが鋭くてなかなか良い個体だと思います。
幼虫管理表を見てもらえばわかるのですが、
夏の成長不良で雄雌を間違えて2本目に800ビンに突っ込み早期羽化させようとして失敗して諦めて
年明けの4本目への交換時での最終体重30.1gからの羽化になります。
そして、4本目への交換時にこの個体だけピンク色のダニがくっ付いていたため
この幼虫のボトルだけ4月くらいまで部屋の端に常温で隔離していました。
(もう今年の冬からは温室使わないので窓から投げ捨てようと思いますw)
まあ、この酷いボトルリレーと温度管理でよくこのサイズになったものだと感心します。
実は現サイズ以上に底力がある個体なんじゃないかなと思います。


2015年度の結果を見ると、8番ラインだけ成績が抜けた気がします。
8番ラインのもう一頭のオスはつい数日前に人工蛹室で羽化していて82~83くらいの顎ズレ個体です。
蛹が曲がっていたのでダメかなと思っていましたが、まあやっぱりという感じです。
3本目のビンの最後で暴れずに無事に蛹化してくれていれば、
最終体重32gからさらに体重も乗っていたように見えましたので、おそらく一番の個体になっていた気がします。
残念です。

同ラインのメスも年末頃に早期羽化に失敗して大暴れしてしまって
11.8gまでダイエットしてからの53ミリ羽化なので、強いラインなんだと思います。
自分に暴れさせない技術と経験があれば2頭とも良い結果を出せたはずだと思うと後悔が残ります。


菌糸ビン1本目の成長不良で反省と後悔の中で生き恥を晒し続けていた酷い初年度でしたが、
せっかく1頭だけ良いのが出たので上記の84ミリは来季の種親として使おうと思います。
里親のニックTさんには最悪なシーズンを救ってもらって感謝しています。
本当にありがとうございました。

あとの来季の種オスは仕方ないので補強せざるを得ません。
もう手を出していますので、いずれブログで紹介させていただこうと思います。
これが一番始めで言っていた「都合」ってやつです。
まさか補強個体を紹介した後にそれより小さい年度最大個体を公開なんて恥ずかしくてできません。
これで一区切り付いたことにして2016年度の幼虫管理に全力を尽くします。
早く自己ブリの個体を軸にブリード計画を立てられるようになりたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム