種確認と死亡確認

5月4日の記事で画像をアップしたA-540の卵が孵化していました。
P_20160514_203441.jpg
他よりも一足先にセットしていたB-485のケースでも既に孵化を確認していますので、
今季のオス2頭とも種確認ができました。
今年は菌糸ビン投入の時期を考えすぎていたせいで産卵のスケジュールを組むのが後手に回ってしまい
ペアリングから産卵までぶっつけ本番状態になってしまいましたので、
来年はちゃんと3月くらいにお試し産卵させて本番のペアリング前には種確認を終えたいと思います。
組むライン数が少ないなら、その分しっかり安全策を取れるようにならないとですね。

今日の時点でB-505以外はケースに卵を確認できたので、まあ大丈夫でしょう。
REGAさんからのメス早期505はセット初日にケース底まで穴を掘って潜ったまま全く動いていません。
ペアリング期間が足りなくて多分かかってなかったですね。
早めに再ペアリングしてから次のケースにセットしようと思います。


ここからは成虫の話になりますが、15年10番ラインのオスが羽化に失敗して★になっていました。
ワイドカウさんからの幼虫里子のラインで、ギネス88の直孫です。
上翅はピッタリ閉まっていたのですが、尻が全く収まらないまま伸びてました。
上翅の先までで82.5~83mmほどだったので、縮んで82mmに届いたかどうか位でしょうか。
完品ならサイズに関係なく来季の種親にと思って大事にしてきたので非常につらいです。
この件についてはノーコメントでお願いします。 (ノД`)・゜・。

それと、最終体重が32.2gと我が家では一番だった1508-01が蛹化を前に大暴れしてしまいました。
4月に見えた時は他の幼虫よりも明らかに太くなっていたのでコッソリ期待していたのですが・・・
マットを詰めたボトルを準備して救出することにしますが、正直ダメそうな感じです。
これで2015年度は特にサプライズも無く地味に終わると思います。

さて、来季の種オス候補が2頭とも消えてしまったため、来季の予定はまっさらになりました。
メスは自己ブリの早期で用意できると思いますので、相性の良さそうなオスを1年かけて探すことにしましょうか。
まあ今季が始まってもいませんので、来季のことはおいおい考えていこうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

♀掛かってませんでしたか、再セットで
採れることを期待します。

ブリードも思うようには行きませんが
そこもいいところかも知れませんね。

REGA90さん

こんばんは~
1回目のセットは潜った状態で全く動きすらせず全然ダメでした。
丸3日間オスと同居させていたので、大丈夫だと思ったのですが、
上手にオスから逃げ切ってしまったようです。
数日前から敢えて逃げ場を無くした環境で同居させています。
今度は大丈夫だと信じています。

生き物相手なので思うようにいかないのは仕方ないですね。
その分、ブリーダーの腕の見せ所ということでしょうか。
もっと経験を積んで予定通りにスムーズにできるようになりたいです。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム