FC2ブログ

1本目の菌糸ボトルに投入

今日はババの話です。
P_20160310_210008.jpg
6頭の幼虫を3月10日に1本目の菌糸ビンに投入しました。
幼虫の投入時期を合わせようとしたら、グリードSLケースの方は大きくなり過ぎた感はありますが、
大きい方がこれから落ちる心配が減りそうなので良しとします。

P_20160310_202640.jpg
75×48ペアのグリードSL産卵ケースです。ケース底付近の食痕が目立ちます。

P_20160310_203532.jpg
割り出したグリードSLケースからは幼虫3頭のみ。
食痕の出方を見て幼虫がもっといるかと思っていましたが、ババの幼虫はかなり動き回るみたいですね。

P_20160310_203711.jpg
ボトル投入。ちなみにコレは一番大きくなっていた幼虫です。


75×48ペアからの幼虫が1番ライン、64×48からの幼虫が2番ラインです。
投入したのは1番ライン3頭、2番ライン3頭です。
1番ラインの方は、2月にセットしたグリードSLボトルに食痕の様子から2~4頭は幼虫がいるはずで、
3月頭にセットした自作カワラケースの表面に卵が4個くらい見えているので合計8~12頭になりそうです。
2番ラインの方は堅詰めにした自作カワラケースがスカったので3頭のみで確定です。
今季は2ライン合計で10~15頭と、だいたい想定していた頭数になりました。
セットの回数からすると幼虫の数が少ないので、もうちょっと上手に産卵させたかったですね。

菌糸ビンは神長さんのEカワラにしました。
25度までなら菌糸が耐えられるようなので、
室温が高くて温度管理が難しい我が家の春にちょうど良いと思って選びました。
おそらく4月中旬以降はオオクワから逆サーモを奪い取ってワインセラーに使用して
22~24度での管理ができると思いますので
それまで菌糸が耐えて状態を維持してくれればいいなと思います。


3回目の産卵に使った自作カワラケースについてですが、
北斗恵栽園でカワラプリンカップを購入したついでにカワラブロックを購入して
自作産卵ケースを条件を変えて3個作ってみたのですが、
菌が上手く回らずに微妙な出来になってしまいました。
P_20160221_172609.jpg
P_20160301_192732.jpg
P_20160301_192816.jpg

換気が不十分のケースは菌が水が出てしまって周りもゴム化してしまい使い物にならず。
菌糸を堅詰めにしたケースは菌は回ったもののメスが全く潜ってくれませんでした。
普通詰めのケースは少しキノコが出てしまっていますが、通常通りに使用でき卵も確認できました。

カワラ菌糸は菌を回すのに特に換気が必要で、
産卵ケースの場合は詰め具合をゆるめ~普通にした方が良い印象でした。
(この場合の普通詰めはハンドプレスの時に腕だけで力を入れてプレスし体重はかけない感じです)
カワラ菌の菌回しはヒラタケ系よりもちょっと難しいですね。
だいたい傾向が分かりましたので次に生かしたいと思います。


ババについてはこれで産卵からボトル投入まで一段落してしまったので、
次の記事は何事もなければ2本目へのボトル交換時になるのかなと思います。
その頃には無事に大きくなってくれるといいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム