来季の補強とコラボライン

ブログでお付き合いさせていただいてるC98さんと相談して
shima1007さんからYG血統のオスを1頭、
能勢SG血統(オリジナル能勢産)のメスを2頭譲っていただきました。
P_20151025_102249.jpg

ブリード初年度の今季が冷蔵庫での幼虫管理で失敗して
菌糸ビン1本目時点でシーズン終了したことが、あまりにも悔しかったこともあり、
来季はその分まで本気を出していこうかなと思った次第です。

来季からはYGだけではなく能勢産をやることになりました。
純血のYG血統だけでこのまま頑張るのも悪くないとは思いますが、
可能性があるのにやらないのはもったいないと思いましたし、
追いつけなくなって情熱が消える前に必死にしがみ付いていきたいと思いました。

このSG血統の2頭はC98さんがshimaさんから補強した84.7ミリのYG血統のオスに
種付けをしていただいて、コラボラインということで来季を迎えたいと思います。
ラインを共有してお互いの環境や飼育方法で
羽化個体のサイズを競い合うのはとても楽しそうですし、何より勉強になります。
あわよくばラインの羽化実績も共有できますし(←ココ重要ですねw)
種付けしていただく84.7ミリの種オスはC98さんのブログでカッコよく紹介されるはずです。
先日、前代未聞の87ミリ個体の補強が2度もあった有名なラインなので期待大です。

C98さんもshimaさんもこの度はまたとないチャンスを与えてくださって本当にありがとうございました。
来季は恥ずかしくない幼虫の成長過程、羽化成績をアップして
いっぱしのオオクワブリーダーになりたいと思います。


補強した個体の紹介をしていきます。
まず、YG血統のオス83.3ミリです。
YG83301.jpgYG83302.jpg
YG83303.jpg
オススメのとても綺麗な個体を譲っていただきました。
本当に綺麗な個体でずっと眺めているだけでも楽しいです。
同腹87.6ミリのラインで実績も充分で文句なしです。
父親は上記の88.2ミリ同腹で87台が4頭出たラインと同じ83.4ミリ個体です。
母親は858×530ラインのメス54.2ミリで、
8月に自分がyuipapaさんから譲っていただいたオス83.0ミリの父親と同腹です。
自分の狙っている方向性は間違っていなかったと確信できました。
このオスからの幼虫に体重を乗せられたら一発もあるんじゃないかと思います。

この角度の写真だとアゴが短く見える気がしてイマイチなので、
いずれ写真を撮りなおすかもしれません。
ただ、大人しい個体で全く顎を開いて威嚇するようなこともなかったので
気長に良いタイミングが来るまで待たないと迫力のあるカッコイイ写真は撮れなさそうです。
オスは個体の良さを画像だけで伝えるのは結構難しいですね。



次にSG血統です。
88.4ミリ同腹のメス54.5ミリです。(角度を変えて2枚撮っています)
SG54501.jpgSG54502.jpgSG54503.jpg
メスは種付けする前提でオススメの個体を選んでいただきました。
体はとても綺麗だし、元気があって本当にいいですね。
メスはこういう個体を選ぶものなのかとジックリ観察させてもらいました。
父オス85ミリは準ギネス89.0ミリの父親と同じ個体です。
自分は異母兄弟の実績はあまり参考にしていないのですが、
せっかく箔が付いているので期待させていただきます。



最後に89.0ミリ準ギネス同腹のメス54.2ミリです。(角度を変えて2枚撮っています)
SG54201.jpgSG54202.jpgSG54203.jpg
これも綺麗で素晴らしい個体です。
上記の54.5ミリと体の雰囲気がとても似ています。
メスの補強は当たりもハズレもあるのは分かっていますが、
初めから当たりが入っている宝くじを買わないといつまでも当たりを引けない気はします。
これだけ準備できたなら来季が楽しみになりますね。


今のところ来季のブリードは種オス83.3ミリと83.0ミリの2頭編成、
メスは今季の早期メスと12YGC5のインライン53ミリ、あとは必要なら春までに補強。
これでバッテリーを組みたいと思います。
それにコラボラインのYG×SG血統の2ラインを加えて完成になると思います。
メスの「必要なら補強」がどこまで必要になるのか、それがこれからの課題です。
今週中には早期羽化させるメスについて、いろいろと更新できると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

つるつるの個体ですね。

還元率も、素晴らしいですね。

いい虫とは、聞いていたので、来季楽しみにしてます。

コラボで、でかいの出しましょう!

最低種虫以上!!

C98さん

こんばんは。

83.3ミリはつるつるのすべすべで、スマートな感じです。
30gから出てきたとは思えない立派な個体で、還元率って凄いなと思いました。
欲を言えば、もっと性格が荒々しいとより好みのタイプでした。

C98さんの方の84.7ミリはアゴが長くて迫力のあるカッコイイ虫ですね。
体のバランスも良くて、次世代のサイズに期待できそうです。
コラボラインとても楽しみです。

来季は使う種オス全てで親越えをクリアしたいですね!
親の兄弟超えは・・・さすがに運次第ということで。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム