BE-KUWA ビークワ 57号

仕事から帰ってきて本日届いた最新号のビークワ57号を読んだのですが、
慌てて注文した自分のところにもう届いているので、読んだ感想を書いてしまっても大丈夫ですよね?
とはいえ、ネタバレされて楽しみがなくなってしまっては申し訳ないので
数値とかは念のため書かずにおきます。
気になる方はオオ○ワキングのビークワの販売ページを見れば
モザイクかかってるけどあまり隠れてないので予想つくんじゃないでしょうかね・・・


待ちに待っていたオオクワギネス。
結果は「ギネス個体は間違いなく凄いんですが、どうなんだコレ」って感じですね。
羽ズレ個体って短い方の数値でカウントするものじゃないんですか?
もしかして顎ズレ個体も長い方と短い方の顎の中間をとって計測してよかったんですかね?
それなら今季の種親は80.8と82.0の中間で81.4ミリくらいにできるんですが・・・
あくまでビークワギネスであり、外野が何を言っても意味がないとは思いますが、
それでも自分はshimaさんのド完品をギネス認定するべきなんじゃないかと思います。
オオクワ飼育の経験の少ない自分ですら
0.1ミリでも大きい個体を出したいとこだわって必死でやってる以上、
数値の中間をとって記録認定されたら「さすがにそれはねーよ」って言いたくなります。
特に今回は0.1ミリという微妙な差で、短い方の羽で計測なら完品個体の方がサイズは上。
短い方の羽先までの数値で記録を認定して、
追い風参考記録のように隣に長い方の数値を載せるのならアリと思うんですが・・・
今回の審査は微妙で難しい選択を強いられていたのかもしれません。
それでも自分を含めて新ギネス個体を出そうと頑張ってる人は
ギネス個体には誰もが認める一番大きいスペシャルワンを求めているんじゃないかと思います。
追いかける側の青臭い理想を言えばギネス認定個体は文句のつけようのない完品であってほしかったです。

ただ、種親83ミリからあのサイズの個体が出たということは、
自分のような新参者の夢であり希望ですね。
今年の夏にGullさんの管理表が更新された時、とても追いつける気がしなくて泣きそうになりました。
そう思えば、この結果はライバルの素晴らしい成果でも純粋に嬉しいと思います。
そして使用菌糸がLEVIN-GとLEVIN-G SPだったことも嬉しかったです。
LEVIN-Gを使用した累代でも充分可能性はあるって確信できました。
それから今回のギネス個体は2本目投入時点で34g、3本目で39gという推移で
体重が2本目、3本目と順調に増えるタイプの方が最終的には一発狙いができる気がしますね。
2本目への交換時点でいきなり40g以上を狙うよりも、
32~34gくらいから後半シッカリ伸ばす方に作戦をシフトした方が結果が出るのかもしれません。
それが分かったところで、とても狙ってできるとは思えませんがw
出来る範囲のこととして菌糸ビン1本目の管理温度を考えてみようと思います。
とにかく来季は1本目掘り出して34g以上の幼虫を出したいです。それからがスタートラインです。
今年は運が悪く、1年も長い助走期間になってしまいましたが、
「長く助走をとった方がより遠くに飛べるって聞いた」ってどこかで聞いたことあるでしょう。
今のうちに出来る限りの準備をして、来季を楽しめるようにして迎えたいです。
ただの負け惜しみですね。はい。


今回は画像もなく文字ばっかりで自分でも読むの辛いですね・・
ここまで読んでくれた方は本当にお疲れ様です。
ビークワの他の記事はこれから楽しく読みます。
そちらの感想を追記して更新するかもしれません。
それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム