FC2ブログ

2本目への菌糸ビン交換 完了

まだ連休は明けていませんが、2本目に交換し終わったので幼虫管理表のデータを更新しました。
残っていた幼虫は冷蔵庫の電源を止めて10日ほど経っていたおかげか、
思った以上に体重が増えてきている印象です。
9月22日に交換した分の4番ラインではだいたいメスが10~11g、オスが14~15g位になっていました。

オスは1504-20(4番ラインの20番)の19.0gが最高でした。
P_20150922_120823.jpg

他にメスは1504-16が12.1g(表示が12.2gと行ったり来たりしていたので軽い方を採用)になっていました。
現状でこれくらいになっているなら10月末から加温して強制早期羽化できそうです。
P_20150922_113500.jpg

冷蔵庫から取り出してから幼虫が一気に大きくなってきているようです。
おそらく先にビン交換した他のラインも平均して同じくらいの体重になっていると思います。
成長が止まってしまったわけではなかったので、3本目交換時点でどうなるのか楽しみになってきました。
初令から3令成長期に入るまで幼虫に強いストレスをかける新たな飼育法が・・・
なんて、そんな都合の良いことはありませんね。


連休中に掘り出した幼虫が思っていた以上に体重が乗っていたので、
メスはなんとか来季用の早期羽化個体を出せそうな感じです。
幼虫管理表の菌糸ビン欄が赤字になっている個体が今のところ早期羽化候補です。
今季の虫たちは酷い成長履歴からして商品価値が無くなってしまっているので、
とりあえず良さそうな幼虫はドンドン早期羽化させてみて、
成虫を見てから使える個体を選んで来季のブリードに使ってみようと思います。

それから当初の予定通り10番ラインのオス14.4gを早期羽化させて来季の2頭目の種親にする予定です。
このまま普通に育ててもどこまで大きくなるか分かりませんし、チャレンジしたいと思います。
11月中旬くらいにビン交換して体重測って、交換ショックを利用しつつ温室投入の予定です。
あと2か月弱で30gくらいになっていてくれれば文句なしです。本当にお願いします。

もう一頭の期待の10番ラインのメスの方は9月20日時点でまだ6.5g・・・これはさすがに厳しいか。
無理矢理にでも早期羽化させるか非常に悩ましいです。
成長をギリギリまで待っても早期羽化組の加温開始予定まで約1か月しか猶予がありません。
10月末頃に掘り出してみて13g以上になっていたら早期羽化させて、それ未満なら通常羽化かな。
これは10月中旬くらいになってみるまではなんとも決められないですね。
1本目で★になった幼虫が想定外に多かったのと、予定よりもメスの比率が高かったせいで
1400の菌糸ビンが10本ほど余っているので、
幼虫の様子を見てからのビン交換はいくらでもできそうです(涙
ちなみに掘り出し時に圧迫して脱腸させてしまい体重の減っていた幼虫(1502-14)も
もったいないかなと思いつつ実験台として新しい菌糸ビンに交換しました。
菌糸ビンがいっぱい余っていますからね・・・


菌糸ビン交換作業についてもいろいろと書いたのですが、ちょっと長くなってしまったので
今回はこれで終わらせて、数日以内にビン交換作業についての記事をアップしようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

19gの♂は、まだ大きくなりそうな感じがしますね。

尻の感じが・・・



10番ライン♂なら2ヶ月あれば、18gは、いけるかもしれません。

うちも、管理ミスの17gが、大きくなったんで!

30gあれば、早期で80mm超える可能性もありますし・・・

26℃~27℃くらいかけてみるのもありかもしれませんね。


C98さん

こんばんは~
まだまだ大きくなってくれないと困りますw
遅れた成長分が環境が変わって今から一気に来てくれるのなら、
ここから幼虫がブクブク太ってきてくれるはずですね~
11月頃に10番ラインのオスを掘り出して体重を測った時点で
成長不良を挽回できるのかどうか今季の結果が分かりそうです。
10番オスがなんとか30gに届いてくれるようなら、
来季のブリードで夢が広がりそうです。
良い結果がブログで報告できればいいのですが・・・

今は成長を早く取り戻すために室温を27度以上にして高温管理をしています。
(実態は部屋が暑すぎてエアコンを付けないと夜でも27度より下がらないだけです)
ちょうど良い具合なので、このままエアコンなしで
10月末くらいまでは26~27度台でいってみることにします。
高温で予定外の個体まで早期羽化してしまっても仕方ないって覚悟を決めました。

もともとギャンブルは好きな方ですが、
こういう少しでも負けを取り戻す方向のギャンブルは二度としたくないですね~
何事も順調にいく方が良いです。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム