オークションの幼虫詐欺

いくら初心者とはいえ、今さら恥を晒すだけなのですが、
自分の失敗が人の役に立つならと思って
クワガタ飼育を始めたばかりの時にオークションで買った幼虫のことを書こうと思います。
今日の記事はできれば読んでほしくありません。

昨年、ヤフオクで「能勢産YG血統866系2令」の幼虫を譲っていただきました。
出品者はそれまで悪い評価も1件もないし、説明文には親のサイズや血統など凄そうな内容が書いてありました。
価格も安かったこともあり思わず飛びついて入札し、無事に落札できました。

いざ落札した後でふと出品者の方のIDをグーグルで検索したら、
何年も前から複数のIDを使って昆虫を出品していた有名な詐欺師だと知りました。
出品画像は他の方の画像を合成加工してデジタルノギスの数字を改変。
国産と言われているだけの無血統のオオクワガタの幼虫を業者から大量に安く調達して、
血統背景を詐称してそれなりの値段で売りさばいている手口だと思います。

もう詐欺だと分かった時点から取引に関しては後悔しかなかったのですが、
そもそもちゃんと調べずに落札した自分の責任だし、送られてくるクワガタ幼虫に罪はないと思って、
仕方がないのでそのまま受け取って育てることにしました。
送付先の住所と名前を知られているので、抗議して面倒なことになっても嫌だと思ったのもあります。
これがあまりに堂々と行われている詐欺がいつまでも続けられる原因なのかもしれません。
私もこうして泣き寝入りしたことで詐欺の一端を担ってしまったことを申し訳なく思っています。

いざ届いた幼虫は5頭+死着保障1頭で合計6頭のはずだったのですが、
マットの詰まった小プリンカップ6個の中には幼虫は4頭しか存在していませんでした。
つまり2つのプリンカップにはマットしか入っていませんでした。
はじめから詐欺なのですから、幼虫が実際に送られてきただけマシなのかもしれません。
この時は負担が減って良かったとしか思えませんでした。

この4頭の幼虫はお金をかけないようにマット飼育を行いました。
その頃に頑張ってスタイロフォームを使って自作した簡易温室で21~24度くらいで春まで育てました。
せっかくなので1頭だけ、他の幼虫を投入した菌糸ビンの掘りカスをマットに混ぜる実験したりもしました。
通常のマットと菌糸を混ぜたマットでは幼虫の成長に違いは全く感じませんでしたし、
菌糸を混ぜたマットは1か月ほどで早々に匂いが悪くなるほど劣化してきたので結果として失敗でした。
3月になり温室を加温するタイミングでマット交換をして、蛹化に失敗した1頭を除いて3頭が蛹化・羽化しました。

これらの成虫は画像の通りのカワイイサイズです。
まさか公開する機会があるとは思わなかったので、見づらい画像ですみません。
P_24157.jpg
1:メス 2/13にマット交換(体重8.0g)、4月上旬羽化35mmくらい 
2:メス 2/13にマット交換、3/14マット交換(体重4.6g)、4/16羽化35mmくらい 
3:オス 2/13に菌糸を混ぜたマットに交換、3/14マット交換(体重8.5g)、4/19羽化50mmくらい 中歯型
4:メス 3月中旬にビン底で蛹化失敗して★ 幼虫時のデータなし

大きさに関しては仕入れ先からして当然これくらい・・・という感じですが、
マット飼育で冬から春先までしか成長させずに育てたので、これくらいで羽化してしまったとも思えます。
オスは小さな中歯型です。これはこれで形がかわいくて良いですね。
菌糸ビン飼育をしたり、初夏から翌年の春先まで育てていればもっと大きくなった可能性はあります。
1番と2番のメスを比べると、蛹化前の時点で体重が8.0gと4.6gと倍近い差があるのに
羽化サイズはほぼ同じでした。
さすがに驚きましたが、ここまで小さい個体だと幼虫体重と成虫サイズは関係なくなるのでしょうか。
このような条件の幼虫を育てる機会はもう二度とないと思いますので検証のしようがありませんが・・・
これらの成虫は友人を通じて近所の子供に譲ることが出来ました。喜んでもらえて良かったです。
飼育についても初めてのマット飼育、マットに菌糸を添加する実験、蛹化不全の観察と
いろいろ経験させてもらいました。
取引自体は詐欺であっても、自分は勉強代を充分に回収できたと今では思っています。

しかし、私が落札した時よりも出品者の評価が何十も増えているのに
未だに悪い評価がほとんど付いていないのを見ると
本物のYG血統の幼虫だと思って知らずに育ててしまっている方もたくさんいるのだと思います。
大型血統の偽物たちは羽化後のサイズによっていずれ市場から淘汰されることになるはずですが、
それでも初めから被害に遭われる方がいなくなるに越したことはありません。
詐欺師は内容を偽造したyasukongさんの証明書を丁寧に添えて発送してきます。
恥ずかしながら下の画像が私の手元にある偽物の証明書です。
P_20150712_091621.jpg
宛名の部分が空白になっていて、縮小コピーしてパウチまでしてあります。
日付などの書いてある内容が同じなら疑ってください。


この経験は個体や幼虫は信頼できる方から譲ってもらわないといけないと理解する良い機会になりました。
現在、私は個体を購入する方を「クワガタの飼育ブログ(サイト)を持っていること」を基準に判断しています。
長い期間、情熱を持ってクワガタを飼育して、その内容をネット上で報告し続けている人が
過去の飼育実績を全て捨てるようなつまらないことはまずしないだろうと信じています。
そしてブログを読めばその方の雰囲気を感じ取ることができますので、判断しやすいと思います。
それから、何かあればその方とすぐ連絡が取れるということも非常に大事だと思います。
自分はネット上で自分から何かを発信したり、コメントのやりとりをしたりというのは
昔から非常に苦手なのですが、それでもこうして頑張ってブログを書き続けることで
ブリーダーとして信用されるようになれればと思っています。

しかし、今になって例の出品ページを読み直すとこんなのに引っかかったなんて本当に恥ずかしい・・・
アホかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

私も最近オクに出品しますが、落札者様の評価を見るとだいたい例の方から購入してますね。
ブログをされている方が望ましいと有りましたが、もしその方が一つでも過ちを犯してしまうと、その方のブリードが全てニセモノとなるおそれがあります。
お互いに誠心誠意、真実のブログ、ブリードをしていきましょう!

タケセイヨウさん

こんばんは!

後から調べたところ、よしくわさんやyuipapaさんなど有名な方のブログで
大々的に詐欺師を名指しで注意喚起してあったので(落札する前に読んでおけば・・・)
別に自分が書くことないかなって思って
泣き寝入りして記憶から抹消したつもりだったんですが、
ブログを始めたことだし、例の成虫を譲ることができたこともあって、
良い機会かなと思って書くことにしました。
勝手に自分がスッキリしたかっただけの自己満足も良いところなので、
わざわざ読んでもらってしまって申し訳ないのですが。

最近では久留米血統であった個体の偽装が騒動になっていましたね。
それまでの交流・情熱・時間・お金を全て無駄にするのは
本当にもったいないです。信じられないです。

それに自分でブリードを経験してみて実感したのですが、
大型個体の育成にかかる金額は凄いですよね。
それを自分が偽装した個体や同腹兄弟などの血統から
誰かが数十匹、数百匹の幼虫を羽化させるまでに注ぎ込む金額を考えると
バレた時に本当に殺されてもおかしくないんじゃないかと思って、
とてもじゃありませんがデータや画像の偽装などは考えられません。
例の詐欺師の人も凄く勇気あるなあと感心しています。
人間、本気で怒ったら何やるか分からないですからね。

自分は偽装しなきゃいけないくらいならクワガタのブリードをやめます。
無理なことをして楽しめなくなったら趣味ではなくなってしまうと思いますし、
単純に結果が恐ろしいので。
オオクワを続ける限りは潔白でいきますので、これからもよろしくお願いします。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム