2015年ペアリングから産卵についてのメモ

今年、オオクワガタのペアリングから産卵までを初めて経験してみて、
分かったことや改善点などを書き溜めていたメモから忘れないように要点だけ編集して載せておきます。
自分も来年の3月頃になったら、この記事を読み直して流れを思い出してみます。
あくまで我が家の環境が前提なので、誰にでも内容が当てはまるわけではありませんが、
もし参考になるような点がひとつでもあったら幸いです。


[ペアリングについて]
・6月上旬に幼虫を割り出すために4月中にペアリングを済ませて4月末~5月上旬にメスを産卵ケースに投入する
・今季はメスを日曜に投入して木曜の夜に取り出しする5日間のペアリングで1頭を除いて産卵に成功できた
・ハンドペアリングを成功させた直後からメスが急に大人しくなったので、ペアリング成功の判断基準になるかも
・ペアリング後のメスはあまり間を開けずに2週間以内に産卵ケースに投入する方が安心
・ペアリングは安全策をとって4月に入ってから3日間のペアリングを2回制にした方がいいかもしれない
 月~水、木~土のローテで1週間に2匹ずつペアリングして、2匹に種付けなら2週間、4匹なら1か月かかる計算
 産卵ケースに投入する直前の2週間以内に再ペアリングすることになるので成功の確率はかなり高くなると思う
・メスはゼリーを食べながら産卵するので、ペアリング後に1週間ゼリーを食わせる期間を取る必要はないと思う
・最後にペアリングするメスは産み始めが遅れても挽回できるように、2ケース以上投入する個体を選ぶ方がいい


[グリードSL産卵ケースについて]
・今回メスを投入してから産卵確認できるまでに数日かかってしまったのは、
 菌糸ビンが届いてから24時間程度でメスを投入してしまって菌糸が落ち着いていなかったことと、
 最初に置いていた温室内が28~29度超えまで上がってしまっていたのが大きな原因だと思う
・来季はケースが届いてから3~4日は26度程度の室温で保管して、菌糸が落ち着いてからメスを投入すること
・5月に入った時点から窓を開けた室温が一日中26~27度台に安定していたので、
 来季も温度管理は段ボール箱にケースを入れて床にそのまま置いておくだけで大丈夫そう
・ケース付属のティッシュはすぐにメスに破られてしまってマットに混ざって汚してしまうので即撤去する
 来季は乾燥を防ぐためにSLケースの空気穴にマスキングテープを貼っておく
・メスを取り出した後は蓋に防虫シートを挟んで、ケースを洗濯ネットに入れて
 割り出し日まで保管する方法でケース側面にカビが生えた以外は特に問題がなかった
・2回目セットのグリードSLケースは1回目のケースと一緒に加工すると使用するまでにカビが生えてしまうので、
 メスを投入する日まで穴を掘るのとボルトの埋め込み加工はしないでおく
・カビ防止のマットは入れすぎるとメスがマットに落ち着いてしまって菌糸に潜ろうとしなかったので、
 隠れられない程度に薄くかけるだけで充分
・メスを取り出してケースを保管する際にカビ防止のために再びマットを薄く敷きなおした方が良いかもしれない
・5月上旬までなら菌糸ビンの予約は埋まらなかったので、注文は1回目のケースの卵を確認した後でも大丈夫
・メスが菌糸を全てかき回してしまう場合は産んでない可能性が高いので再ペアリングか材産みの準備をする
・グリードSLなら幼虫の見落としはなさそうだから、割り出し後に崩した菌糸を保存しておく必要はないと思う
・卵の見落としは起こる可能性が高いけれど、孵化する確率を考えると諦めてもいいかもしれない
・メスを2週間セットして、取り出してから3週間後に割り出しの日程で幼虫はほとんど2令初期で回収できた


[ニクウスバ材について]
・途中で加水してからメスが急に材をかじり始めたので、材のセット時にマットもかなり湿らせておく必要がありそう
・マットに半分くらい材を埋めてもメスに全部掘り起こされてしまうので、
 幼虫が材から落ちた時にマットに潜れるよう2~3センチくらい入れてあれば充分
・カビの生え具合で産卵しているか判断ができるのでマットに材を全て埋めるのは良い方法とは言えない
・ケース底のマットに幼虫が1~2匹いるのが見えた時点で割り出しをすると材からド初令幼虫が回収できた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム