FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトル4本目に交換

やっと時間が出来たので、オオクワのオスのみ4本目のボトルに交換しました。
今季は体重の乗った幼虫が少なかったので、
4本目のボトルは12本しか用意しませんでした。
残りのオスの幼虫は全て3本返しで行きます。暴れたら諦めてマット行きになります。
メスの方はめぼしい幼虫はほぼ全て早期で羽化させてしまったこともあって、
東京で大雪が降った頃のボトル管理がなおざりになってしまい、
キノコざんまいに暴れ放題と今までにない酷い状況になっております。
ボトルの蓋を突き破ってキノコが生えてきたのもオオクワ飼育開始以来初めて見ました。
800ボトルを用意した20頭は3本目に交換しますが、他の幼虫はマット行きか飼育中止とします。


交換したオス幼虫12頭の画像を全部載せておきます。
スマホを落としてブチ壊して新機種になったばかりで、
アップ画像がいつもにも増してイマイチですが勘弁してください。
今度の機種は壊したスマホの後継機種なのですが、
画面のシャッターボタンが押しにくくて非常に片手撮影がしにくいです。困った・・・

C98さんへの報告も兼ねてコラボラインの4頭から
1709-01 38.2g→38.2g 体重変わらず
18031301.jpg

1709-02 38.2g→39.0g 
18031302.jpg

1709-03 34.1g→36.9g 尻噛み個体でも無事成長しました
18031303.jpg

1709-04 32.3g→31.1g
18031304.jpg

1703-01 36.8g→37.0g お試しライン
18031305.jpg

1704-01 36.8g→36.5g お試しライン
18031306.jpg

1701-01 34.0g→33.6g 暴れ ダメなパターンの典型みたいな体重推移・・・
18031307.jpg

1702-01 36.5g→36.1g
18031308.jpg

1706-02 36.7g→38.1g
18031309.jpg

1706-22 39.6g→40.2g 今季唯一の40gオーバー
18031310.jpg

1708-02 32.7g→34.8g
18031311.jpg

1708-03 31.8g→33.0g
18031312.jpg

しょっぱい数字ですが、自分のためにも全頭画像アップしました。
羽化結果と幼虫の写真を見比べると、参考になって面白いですよ。
ネットなどで公開していなくても幼虫写真は撮って保存しておいた方がいいですよ。




おまけで、お試し産卵セット投入時の画像です。
左が1609-09 57.5mm、右が1608-04 54.5mmのメスです。
57.5mmは85.5同腹の能勢産で、89.0mmとのペアリング。
54.5mmは89.4mmBと掛け合わせて89同腹同士でのペアリングになりました。
18031313.jpg
とりあえず各ケース1個でも孵化すればミッションコンプリートです。
ただ、産卵ケースに投入したメスの気配がイマイチ悪いのが心配ですが・・・


次の更新はお試し産卵の孵化確認だといいなあ・・・(´・ω・`)
それではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます♪

mattさん お邪魔いたしますm(_ _)m
いつも非常に参考になりますm(_ _)m
40g UP流石です!どれも体重が乗って凄いですΣ(゚д゚lll)
体重の乗った♂はやはり4本目への交換は必須なんでしょうか?
我が家のボトルは喰いも動きも見られないため3本目でそのまま昇温を開始していますが、未経験の為交換するべきか?非常に悩みました…
動きが出たら交換!とボトルは用意していますが…
羽化まで菌糸が持つか?見る目が必要ですね。
今後も参考にさせて頂きますm(_ _)m

ひろパパさん

こんばんは~
最近は40gオーバーの幼虫も珍しくないような状況なので
自分はまだまだですよ~
結果の出ているブリーダー方をうらやましいなぁと思って見ていますw

4本目への交換についてですが、
菌糸の状態も良く幼虫が落ち着いていればボトル交換は不要だと思います。
蛹化前の大事なタイミングでせっかく乗った体重が落ちますし、
幼虫がボトル交換の負担に耐えられず★になるリスクもありますから
4本目への交換はしなくていいならしない方が間違いなく良いと思いますよ。

羽化前に菌床が劣化してしまった場合でも
蛹を掘り出して人工蛹室での羽化にうまく切り替えが出来れば
全く問題ありません。

自分は人工蛹室での完品羽化の成功率が何年経っても上がらず、
人工蛹室の使用はできるだけ避けたいと思っていますので、
4本返しにして羽化まで蛹室の状態を良くすることの方が
リスク回避になるという判断で仕方なく行うようになりました。
正直な所、羽化の終わる6月末まで菌床の状態を上手く維持しきれず、
失敗できない大きな幼虫だけは安全策を取らざるを得ないという状況ですね。
とてもとても4本目への交換が必須だとは言えませんw

2017も

こんばんは

88.4mm x 553
やはりというか
mattさんに美味しい所持ってかれそうですねw

引きの強さにビックリです!
mattさんにお任せで
気楽な感じで羽化を待つとします(-ω-)/

C98さん

こんばんは~

今季は884×553ラインの38.2gと39gの2頭しか
昨年の89個体の幼虫に勝てそうな雰囲気の幼虫がいませんでしたので、
2年続けてコラボラインにおんぶに抱っこで本当にありがとうございますとしか言えませんwww
なんとかこの2頭は完品羽化させて、2017年度の羽化実績を作らないとですね~

来季こそは自己ブリラインからこういう期待できる雰囲気の幼虫を出してみたいですねぇ。
くやしいです(´・ω・`)
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。