スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ更新しました

2016年度の幼虫管理表、2017年度のライン表、2017年度のババ幼虫管理表を更新しました。
溜まっていた作業を全部一気にやりましたw


2016年度の管理表を見ると★が多すぎてゲンナリします。
6月に掘り出した時点ではほとんどが前蛹もしくは蛹の段階で黒くなっていました。
4本目のビン交換の時期もしくは菌床の選択で失敗したのだと思っています。
これについては同じ状況を繰り返さないようにするしかありませんね。
最終ステージでの★連発でどれだけ菌糸代を無駄にしたかと思うと気分が滅入ります・・・


2016年度の幼虫(蛹)に関しては、3頭がセミ化して残っています。
そのうちの一頭はこの通り。
17081401.jpg
慌てて撮影しようと携帯を取りに行っている間にプリっと糞をしていました。(;´Д`)
上記の画像に映っている糞を取り除いて改めて撮影し直したものが下になります。
幼虫データは糞出し後の39.6gの方を採用しています。
17081402.jpg

昨晩、ツイッターの方でも書きましたが、
89同腹の1608ラインの中で形状が一番気に入っていた幼虫なので
6月に掘り出してまだ幼虫なのを確認した時は非常にガッカリしました。
その後も蛹化スイッチが入らず、諦めてそのまま放置してこの結果・・・
今回のビン交換のショックで上手くスイッチ入ってくれればいいんですが、
セミ幼虫にはあまり期待しないでおきます。

同腹で蛹化が遅れていたもう1頭の幼虫は蛹になっていました。
こちらは無事に羽化しそうな感じだったので一安心です。




次は2017年度のライン表についてです。
1ラインが無精卵連発のため欠番、1ラインが産卵前にメス死亡のため欠番となりまして、
今年は8ラインでの編成になりました。
Aラインはペアリング日程など思うようにいかず幼虫の数がかなり少ないです。
上の無精卵連発もAラインの♀です。1本の材産みだけで10~15個くらいあったと思います。
今年はボトル2本目の準備数から管理幼虫の数を決めて間引こうと思いますので、
2017年度の幼虫管理表は10月頃に2本目交換時のデータが出揃った時点で書こうと思います。
キチンと管理できる数ということで2本目以降は幼虫120~130頭くらいを想定しています。

とりあえずお試しラインからは2頭だけ画像出しておきます。
メスは割と大きかったのですが、オスの方はたいして大きいのは出ていませんし、
何よりも3ライン23頭中4頭しか♂がいませんでした。
特にCラインは7頭いて全てメスだったのでラインごと飼育中止です。(;´・ω・)
異常な確率だと思うのですが、ペアリングの時期が幼虫の性別に影響するのでしょうか・・・

17081403.jpg
B505ライン 32.9g

17081404.jpg
B505ライン 32.6g
ちなみにこの1頭だけ余った1400ボトルLVGに投入していました。
5~6月の間、ボトルのサイズが他の800ccと合わず温室に並べにくかったため
羽化待ちの蛹と同じ温室に入れていて管理温度がやや低めだったはずですが、
成長具合など他の幼虫と特に違いは無さそうな感じでした。これは意外な結果。



ババの幼虫管理表に関しては、
♀が思っていたよりも縮んでしまって50mm台がいなくなってしまいました。
3頭は実測で47.8mm、48.8mm、49.5mmでした。
オスは全て蛹の状態でそろそろ羽化する時期ですので、来月には羽化報告が出来ると思います。
無事に羽化してくれさえすれば目標の70mmオーバーは達成できそうな予感です。

それではまた。
スポンサーサイト

2016年度の最大個体は89.0mmでした

記事のタイトルで完全なネタバレですが、89ミリ個体の羽化結果発表です。
先月末から早く更新しなきゃと思いつつ、酷い風邪をもらい全く行動に移せませんでした。
やっと心身ともに少しだけ余裕ができたので頑張ってノギス撮影しました。


1608-12 能勢産(YG×SR) 最終体重40.9g
体長89.0mm  頭幅 30.25mm 前胸幅31.94mm 腹厚18.47mm
8900.jpg

固まった後の確定サイズは89.0mmとなりました。
前回の更新時には縮んでも89.1はいけるんじゃないかと思っていましたが、甘かったですね。
(/ω\)

来季はこの890個体と同腹894B個体の血を信じて、インラインの組み合わせを軸にして
次世代での一発狙いが出来るメスの準備をしようと計画しています。
YG×SRの能勢産で血の濃さには余裕があるはずですので、ハーフの強みを活かしたいと思います。

このラインの羽化成績は正直に言って補強元のShimaさんの力によるものだと思いますので、
今度は自分の力でこのラインの累代から90mmオーバーを出して、
最終的には能勢産の新しい血統を確立できたらいいなと今は夢見ています。
まずは親越えがノルマでしょうか。
いきなりエベレストに登らされるような心境ではありますが、脱落しないよう頑張りたいです。


下記は890個体の画像になります。
とても美肌のイケメン個体なので眺めていて幸せになります。
ちなみに昨年購入したものの完全に存在を忘れていたコルク樹皮を使っての撮影です。
手の上に乗せただけの画像と違って、高級感がにじみ出てきますね。良い雰囲気です。
下の画像をクリックすれば大きな画像が見れると思いますので、ご堪能ください。

8901.jpg 8902.jpg 8903.jpg

8905.jpg 8906.jpg

8904.jpg 8907.jpg 8908.jpg


お盆休みには2016年度の管理表を更新する予定です。
もうオスも後食を始めてしまったので、早く管理表アップして余品を売りさばかないと
全く手が回らなくなりそうです・・・
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。