スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年度の産卵状況と羽化報告その1

さて、グリードSL産卵セットを組んだ2017年度の全ラインで無事に卵を確認できましたが、
去年と違ってとにかく産卵ケース表面に見える卵の数が少ない状況です。
1週間~10日ほどメスをセットしていても1個しか卵が確認できない産卵ケースがいくつもあります。
卵の確認はできましたが・・・確認することが目的じゃないんですよ・・・

自分の経験上、グリードSL産卵ケースは見えている卵の数の3倍くらいの幼虫が採れるので
卵が1個しか見えていないということはせいぜい幼虫1~3頭くらいと予想しています。

こんな感じで産卵ケース分の幼虫だけではどう考えても予約してある菌糸ビンの数に届かないため、
全然産まなかったメスをカワラ材とニクウスバ材を用意して産卵セットすることになりました。
(´・ω・`)やれやれだぜ


C98さんとのコラボラインの♀553はガチのカワラ材2本組で
17062505.jpg


自己ブリラインの♀は10頭でも産めば万歳のニクウスバ材Mサイズをデジケースに添えて
17062506.jpg

デジケースの方はあまりケースを広くしても産む気のないメスは休んでしまって意味がないと思って
逃げ場のない狭いケースで強引に産卵させようと思いました。
ただ、ケースとニクウスバ材の隙間にゼリー1個すら入らないのは想定外でしたがw
餌を補給できないスパルタな産卵セットになりました。

とはいえ、このまま用意したボトルの数に届くまで材を用意したりして産卵させ続けて
1本目のボトル投入時期が間延びしてしまうのは後々の管理とボトル交換のタイミングで困って
中途半端なことになりそうなので、適当な所で折り合いをつけて今年の管理数を決めることにします。

今のところ、一足先に割り出した2年目の1608ライン(2016年のC542ライン)の幼虫が
9頭だけ確保できています。
このメスは1個目から次の産卵ケースに移そうとしたら菌床の表面で力尽きて★になっていました。
最後の最後まで頑張って幼虫を残してくれて本当にお疲れ様でした。
まさかの40g超えの幼虫を出してくれましたし、このメスには感謝しかありません。
冷やし虫家導入で温度管理が改善される今年はそれ以上の結果を目指したいと思います。







さて、お待ちかねの羽化報告ですが、
6月に羽化した個体ばかりでまだまだ縮みそうなので、とりあえず2頭だけ画像を公開します。
凄く適当な写真なので、今回の画像で「コイツ、ノギス詐欺やってる」とか言わないでくださいw
固まった後でちゃんとサイズを把握できるノギス写真を撮りなおします。
(一人で正確なノギス写真の撮影って数時間かかるので固まる前にやりたくないです・・・)


1602-41 能勢YG 最終体重34.7g
17062507.jpg
1602ライン(A540ライン)最大個体。
前に蛹の写真を載せた個体で予想通り自己記録更新サイズでしたが、
34.7gの幼虫からだと思うと正直ガッカリのサイズでした・・・蛹は大きく見えたんだけどなぁ。
羽化したのが6月中旬なのでもっと縮むかもしれません。


1609-07 能勢産 最終体重31.1g
17062508.jpg
1609ライン(C545ライン)多分最大個体。
今季管理している個体の大半はダイエットしていってるので最終体重とかあてになりませんが
31gからこれくらいのサイズが出てくれるとやっぱり能勢産はいいなと思いますね。
この個体はサイズに関係なく、同腹の中では一番貫禄がありました。
掘り出し時の86.0mmから縮んできて現在85.8くらいなので、もうちょっと縮むかもしれません。


もっと良い結果が出ている羽化個体は次の機会に紹介します。
縮んでもキリの良い数字をキープしてくれるといいのですが・・・
スポンサーサイト

ババ3本目のボトル交換

ブログもツイッターも放置プレイになってしまってすいません。
書かなきゃいけないことが溜まってきたので頑張って更新します。

前回の記事の予告通りババの3本目への交換から記事を書いていきます。
ボトル交換は5月28日です。(ほぼ1ヵ月前!)
2本目交換時最大体重23.7gの幼虫は新しいボトルで潜れずに★になっているので、
残り♂4頭のボトル交換でした。


17B-05 19.6g→16.2g 大暴れ(ノД`)・゜・。
17062501.jpg




17B-03 22.2g→19.0g 大暴れ(ノД`)・゜・。
17062502.jpg




17A-01 20.7g→22.1g ちょっと遠足(´・ω・`)
17062503.jpg




17A-02 18.6g→25.6g 居食い(*´ω`*)
17062504.jpg


こんな感じでBラインの方は暴れてしまって全然ダメでした。
Aラインの方で25g超の幼虫が出てくれたおかげで
目標の70mmオーバーの可能性が何とか残った感じです。
ただAラインは成長が遅かったので、まだ暴れが来ていないだけ・・・という雰囲気でしたね。
上の画像の今回堀ったそれぞれのボトルを見てもらうとわかるのですが、
暴れだすと幼虫がどんどんボトルの上の方へと上がってきます。
理想を言えば幼虫が上がってくる前にボトルを交換しないといけないのかもしれません。


6月25日現在、メス3頭は全て無事に蛹化していて、
一番早かったメスが5月31日に蛹化したのでそろそろ羽化してくる頃です。
この1頭だけは蛹化する前に少し暴れてしまったので小さいかもしれません。
オスはBラインの方は3本目のボトルでも暴れ放題させてしまい菌床がマット状になっています。
Aラインの方は22gの幼虫が蛹室を作っていて、
25gの幼虫の方はボトルの上の方へと動き始めており不穏な気配になっています。
ただ、このオス4頭はもうボトル交換せずに羽化まで持っていきます。
なんとか22gか25gの幼虫が暴れに耐えて70ミリ超えてきてくれるといいのですが・・・

このままだとオスとメスで羽化が2ヵ月くらいズレてしまいそうですね。
オスとメスの成熟期間の差を考えると実質3ヵ月~4か月羽化ズレになるので、
10~11月頃にペアリングに使用できるオスの補強を考えておく必要がありそうな気がします。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。