FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度ババ羽化個体

今回は予定通りババの話です。
とはいっても、今季の最大幼虫がまだ蛹だったので羽化報告も中途半端になってしまいます。

すでにババの幼虫管理表を更新しております。
種親が74mmのラインの方は新成虫のオスが62~68mmでした。
拙い温度管理でボトル2本返しや幼虫を暴れさせてしまったのですが、
一番小さい62mmでも見た目が大きく感じるような長歯型で出てきましたので、これは血統の力ですね。
1頭だけ幼虫体重20gを超えた蛹がまだいますので、70mm行くかどうかに期待です。

種親64mmのラインは意外と74mmの方と同じくらいのサイズの個体が出てきました。
下の画像は1602-03で仮計測66mmくらいです。
すでにちょっとだけ金色が出てきていて、とても綺麗です。
こちらのラインはギリギリ親越え達成できました。

16092201.jpg
1602-03

16092202.jpg
左1602-03 仮計測66mm、右1601-05 仮計測68mm

16092203.jpg
1601-10 仮計測39mm マット羽化の個体で本当に小さい

ババは来季も2~3ラインくらい合計10~15頭が飼育できる限界かなと思いますので、
補強などせずにこの自己ブリ成虫から種親を選びたいと思います。
1601ラインは今回でF7世代になり血の濃さが不安だったので、1602-03は種親内定ですかね。
どちらも74~75mmが出ている血統なので、70オーバーは安定して出さないといけないとは思います。

羽化時期がオスメスで差もなく、来年度は11~12月産卵、1~2月に菌糸ビン投入の流れでいけそうなので、
今年とほぼ同じ感じになりそうで良かったです。
来季の目標としては「オスは3本返しで70mmオーバー」が基準になるように上手くやりたいと思います。
ごく当たり前のことですが、初年度の自分にはとても難しかったです。
今季はワインセラーにビンをギュウギュウ詰めにしたせいで換気が悪くなってしまい
4月下旬から管理温度が高くなりすぎたことでカワラ菌床が急激に劣化して
予定していた交換時期を前に暴れさせてしまったので(そのうえ交換のタイミングを合わせるため放置・・・)、
ワインセラーで安定して羽化までさせるなら、オスの1400ボトル6~8本のみ収納が限界かもしれません。
メスだけ2本目から地下室行きで、オスだけワインセラーで2本目から羽化まで管理が妥当なところでしょうか。

とりあえずババ1年目の反省点としては、
「飼育温度はカワラ菌床に合わせること」と「ビン交換は暴れる前にやってしまうこと」ですかね。
今思えばどちらも当たり前のことなんですが、手が回らず全く守れませんでした。
ババのブリードは反省点ばかりだったので、2年目でどれだけ改善できるかやり甲斐は湧いてきます。
とりあえず最大個体が羽化したらまたババの記事を書きたいと思います。
スポンサーサイト

2本目へのボトル交換・管理表更新

お久しぶりです。
最近は↓であまりに忙しくてブログを更新できませんでしたw
161002.jpg
(10/2に画像更新しました。地域限定ポケモンを除いてコンプリートです。)


さて、9月に入って2本目のボトルに順次交換しています。
初めの9/3の交換時に一度ブログを更新しようかとも思ったのですが、データの量がまだ少なく、
ヤバいボトルから先に交換していることもあってライン毎の傾向も掴めないかと思ったので、
2回目交換の終わった今回で更新させてもらいました。

更新した幼虫管理表はこちらです。
150本くらいボトルを掘りおこして35g以上は1頭しか出ませんでした。
16091201.jpg
A-490ラインからです。88.4ミリ同腹早期メスの能力のおかげです。

種オスに還元率の良いタイプを使用しているとはいえ、満足できる結果とはなりませんでしたね。
残念ながら、他には写真を載せられるような幼虫は出ませんでした。

少しだけ言い訳をさせてもらうと、今季はオスもメスも計測前にしっかり糞出ししているので、
昨年の測り方と比べてオスの体重が全体的に0.7~1.2gくらいは軽く計測されているとは思います。
メスで2g近く減量したのもいました。かなりの水を出したので、単なる水太りだったみたいです。
正確な還元率を調べるためと、新しい菌糸ビンに雑菌を少しでも持ち込ませないことを考えて
強引に糞出しさせてみたのですが、この作業のせいで尻噛み★事故が数件起きてしまったので、
方法が正しくなかったかもしれません。これは改善の余地アリですね。

今年は1本目から体重乗せるつもりで高めの温度で管理してきたので
これからのボトル2本目の伸びシロが残っているか若干の不安を感じています。
それでも今から出来ることはあまりないので、3本目交換の時に35gを超える個体を増やせるよう
今後はできるだけ余計なことはしないように見守りたいと思います。

それから、1605ライン(B515)と1607ライン(B485)は幼虫の途中経過を見て飼育をやめることにしました。
(1605ラインについては3頭だけ残していますが)
この2ラインに関しては成長不良やボトル1本目から暴れが起きていて、
このまま合わない環境で育てても先の展望が見えないこと、
今季はボトルの数が多すぎて管理スペースごとの温度調整が行き届かなくなっていることなどを考慮しました。
1605ラインについては幼虫を販売しているので、
羽化までの同腹成績をほとんど出せなくなったことを申し訳ないと思いますが、どうかご了承ください。

とりあえず途中経過の報告のためにブログを更新しておきました。
次回の幼虫管理表の更新は7/4投入分までのボトルの交換を終えてからを予定しています。
おそらく10月の初めごろになるんじゃないかなと思います。


8月に入ってから地下室でボトル保管しているババが羽化してきていますので、
次の更新ではそちらの方について書きたいと思います。
それではまた。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。