FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の補強だと言ったな。あれは嘘だ。

すいません、タイトルにあるようにREGA90さんから早期メス50.5mmを補強しました。
Aラインの早期50.7mmがDVで産めない身体にされてしまったとか理由はいろいろあるのですが、
素直に良血統のメスで欲しくなってしまったからです。

P_20160427_223227.jpg  P_20160427_223534.jpg
父はGullさん1306ライン、母はcamuzeさんの1312ライン(Gullさん1309ライン里子)です。
1306は同腹に87.8と86.6が、1309は86.5が2頭出ています。
この組み合わせは父方母方共に祖父が1107ラインの85.8ってのが面白いですね。
あとは母メスの55.8mmは幼虫体重23.7gと非常に大きなメスで、
その子供はどんなものなんだろうと興味を惹かれたのもあります。

この補強個体は羽化サイズこそ小さめですが、
ビン劣化、暴れ、マット羽化のコンボでも早期で50ミリを超えてきたので
生命力がかなり強い個体なんじゃないかと思いました。
血統だけでなく、その点にも期待しています。

P_20160427_223102.jpg

P_20160427_223053.jpg

このメスは組み合わせを考えた結果、Bラインに付けることにしました。
Bラインはそもそもメス側の871系の血を組み合わせる効果を狙って組んでいたので、
逆に871系を入れないパターンは全く考えていませんでした。
そこで今回は敢えて面白い方に挑戦します。
Aラインだと種オスが871同腹の血筋なので、せっかくの血統の良さを活かせない気がしました。
この組み合わせで結果が出れば、来季のペアリングで選択肢が広がるのも良いですね。

というわけで、BラインのラインナップにREGAさんからの早期50.5mmが追加されます。
REGAさん今回は良い個体を譲っていただき、本当にありがとうございました。
モチベーションが上がってきました。



それから、いまだにちゃんと確認できていなかったペアリングについてですが、
同居させたメスの雰囲気からするとAライン、Bラインともに成功していそうな感じです。
(今週は充分な時間が取れず観察しながらのハンドペアリングは断念しました。もう無理。)
温度とか湿度をちょっと過剰気味にしたおかげで、やっとスイッチが入ったのかもしれません。
さっき見たらAラインのオス833とメス540がエサ皿の下で並んでいました。ホッとしました。
来月に入ったら雰囲気の怪しい他のメスを念のために再ペアリングして産卵セットに投入します。


最後にオマケで最近のババの幼虫写真を貼っておきますね。
P_20160423_190213.jpg
この個体は1601-01だったと思います。
綺麗に空洞を作るような変わった菌糸の食べ方をしています。
今が成長期なので、この調子でドンドン大きくなってもらいたいですね。


次のブログ更新は早くても5月3日以降になりますので、
今度は連休が明けてから見ていただければ大丈夫ですよ。
それではまた。
スポンサーサイト

2年目にして初縛り

ペアリング開始したのですが、今年は昨年ほど順調にはいかないようです。
DVが激しいのでAラインのオス83.3ミリのアゴを縛りました。
P_20160414_204514.jpg
C98さん画像ありがとうございました。バッチリです。

個体に負担かけたくないので顎縛りは本当にやりたくなかったんですが、
次に試験でペアリングしてみた自己ブリの小さいメスも挟まれてしまったので諦めました・・・
1頭目にペアリングした自己ブリ1505ラインの50.7ミリは傷が深くて産卵はとても無理そうです。
頭に来たので、アゴ縛ったついでにしばいておきました。


それからBライン83.0ミリの方もヘタクソなのか、先週ペアリングしたメス48.5mmの雰囲気が良くありません。
他の2頭に進む前に再ペアリングして様子を見ている状況です。
昨年に比べると今季は幼虫のボトル投入が遅くなりそうですね。


話は変わって、幼虫たちは結構順調に蛹化してきています。
今のところ5頭が蛹化しており、前蛹になっているのもチラホラといったところです。
10番ラインのオスも数日前に蛹化を確認しました。
3本目の経過は良い居食いで、小さい穴から蛹の尻先のトンガリが確認できただけなので、
大きさは羽化後に掘ってみてのお楽しみとなりました。
たのむよ!

2016年度ブリード開始

お久しぶりです。
今季の組み合わせを決めました。
871系の血が濃くなり過ぎないようにと考えたら何とも無難な組み合わせになりました。
それと今季は種オスの血が似ているので、ラインごとの違いがあまり生み出せず
面白みには欠けてしまった感じではあります。
自分としてはBライン53mmの871系インから離れた血への組み合わせはどうなるか楽しみです。
今季に良い早期羽化のメスを出せれば、来季は強引な組み合わせにチャレンジできると思いますので、
まずは初年度で出来なかった我が家の基礎固めのやり直しですね。

5月上旬から産卵セットして、だいたい4~5週後の6月上~中旬に菌糸ビンに投入予定です。
今日から自己ブリの1505番ラインのメス2頭をそれぞれの種オスとのペアリングを開始しました。
この2ラインは種確認も兼ねて一足先に4月中から卵を産ませてみます。
昨年の反省を踏まえて今季は多めに産卵させて幼虫の管理数を後から考えることにします。


3月15日頃に揃って羽化した1511番ラインのメスですが、最終体重18.5gの方は55~56mmくらいの羽パカ。
くやしいです!
13.9gの方は完品の現在50.8mmで、おそらく50.5mm前後で落ち着きそうです。
大きい羽パカ個体は来季になったら絶対に使わないと思いますので、今季無理にでも使っちゃおうかな。
羽化後からずっと25度以上で管理することになるので6月中旬くらいにペアリングしてみましょうか。
産まないなら産まないで諦めもつきますしね。

そういえば3月羽化って通常羽化と言うには早いし、早期羽化と言うには遅すぎますよね。
個人的には1月末くらいまでが早期羽化なイメージなんですが、どちらで扱うか困ってしまいます。
今季のブリードに使えば便宜上、早期羽化個体になるのでしょうかね?
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

[自己最高羽化記録]
国産オオクワガタ 89.0mm
ババオウゴンオニ 74.5mm

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。