2017年度ババライン

こんばんは。
今回はババの現状報告になります。

「ババの2017年度の管理表」をアップしました。
全ラインとも産卵ケースで卵は確認できていたのですが、1702ラインだけ幼虫が採れませんでした。
卵は膨らんできて正常なように見えていましたが、確認できた卵3個全てがケース底にあって、
おそらく孵化直前でカワラ菌糸から出た水でダメになってしまったのではないかと思います。
孵化を急いで管理温度を23~24度と高くしたことの弊害かもしれません。
12月19日の産卵セット開始から孵化とボトル投入のタイミングもほぼ想定通りにいったのですが、
肝心の幼虫が1ライン分まるまる減ってしまったのは残念です。
もちろん予備のグリードSLケースも、カワラブロックも用意していたのですが、
いろいろありまして1702ラインのメスを再セットをするタイミングを逃してしまったので、
今年は1回目の産卵セットで採れた分だけ管理することにしました。

そんな感じで今年は1701→Aラインとして2頭、1703→Bラインとして6頭の計2ライン8頭体制です。
ババに関しては来季は補強して血の入れ替えをしたいと思っていて、
今年は少ない数の幼虫をちゃんと温度管理して次に繋げられる個体を出したいです。
頭数は少ないですが、今年の目標は変わらずオスの70mm超えです。
目標達成できなければ70mm以上のオスを補強をするハメになりそうなので、頑張ります!
スポンサーサイト

4本目交換完了

かなりお久しぶりです。
ブログは1回更新しなくなると書くタイミングが難しくなってしまいますね。
2月は昨年秋の足の骨折以来4か月ぶりに仕事に復帰してイッパイイッパイな状況な中で、
冷やし虫家のユニットを利用して大きめの温室を作ったりと結構やることはこなしていた気がしますが、
ブログを更新しないまま済ませてしまいました。
やっと落ちついてきたので、今後はできればブログを定期的に更新するようにしたいですね。


さて、3月に入りオスの幼虫を4本目のボトルに交換して、2016年の幼虫管理表を更新しました。
12月~1月交換の菌糸ビンで6月以降に無事に完品羽化させられる技術は自分にはありません。
この時期の交換作業自体のリスクはありますが、このタイミングで新しいボトルに入れることで
蛹室形成後の不全リスクを抑える方を重視したいと思います。

今年の冬は低めの室温で管理していたこともあってか、だいたい減量していました。
本来4本目には体重の乗った幼虫だけ交換する予定でしたが、
温度管理失敗のせいでキノコが発生してしまい羽化まで菌糸が耐えられそうになくなってしまったので、
結局は全てのオスのボトルを交換しないといけない羽目になってしまいました。
(まだ4本目に交換していないオス達は体重的にサイズが期待できないので、
これ以上の菌糸ビン出費ができずマット詰め羽化ボトルを作成しようか悩んでいる状況です・・・)
低めの温度管理は狙ってやったとはいえ、ヘタクソすぎて涙が出ます。
もともとブリードルームの室温が高いので、もっとうまくいく予定だったんですが、
昼夜の温度のブレについてはコントロールできていなかったように思います。
来年は期待のオスのボトルを冬温度にする期間を含めて温室で管理することで、
4本目交換時までキッチリ体重維持させたいと思います。


今回の画像は1608ラインから4頭のみ。
おそらくこの中のどれかが今季の最大個体になるはずです。

1608-13 37.9g→38.1g
17031301.jpg

1608-01 39.5g→39.1g
17031302.jpg

1608-12 37.2g→40.9g
17031303.jpg

1608-11 43.7g→41.1g
17031304.jpg

スケールの数字が本当に見づらくてすみません。
気になる方は画像を明るくするなり、ネガのように陰影をつけるなりして確認してみてください。
できれば43gの幼虫を体重維持もしくは微増させて羽化の季節を迎えたかったですね。残念。
それでも4頭いれば何とか大型の完品が出てくれるんじゃないかなと期待しておきます。

とりあえず、これで羽化までの準備は整いました。
あとは邪魔をしないようにするだけですね。
たのむよー。

あけまして2017

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。(*´ω`*)

年始の挨拶が遅くなりましたが、
更新するキッカケがなかったのでこのタイミングでさせていただきます。
昨日、残っていた9月下旬と10月交換分のオスのボトルを3本目に交換しました。
特に目ぼしい結果はなく、
1609ライン(C545)は34~35gから体重が伸びずに減量してどれも34g弱に収まってしまいました。
非常に難しい結果ですね。
結局、画像アップはこの2頭のみで。

1609-04(C545) 28.6g→37.2g
17011101.jpg

1608-09(C542) 31.8g→36.1g
17011102.jpg
ひどい写真ですいません。数枚撮っていたのですが使えるのがこの画像しかありませんでした。
この幼虫は2本目のボトル交換時に糞出し前35gちょいだったので実はほとんど成長していません。


他にも記録用に幼虫の画像は一通り撮っているのですが、
33~34gくらいの幼虫をアップしても仕方ないのでこれだけで。

2本目で減量している幼虫の多さから考えて、やはりボトルの管理に何らかの失敗があったとは思います。
ただ、コレが悪かったと原因を思いつかないことが一番の問題ですね。
今季と同じやり方では来季も2本目で減量させてしまうと思うので、どうにかしないといけません。
とはいえ、今は正直どうしたらいいものやら・・・って感じです。
こればっかりはもっと飼育の経験を積まないとダメですね。

ウチでは「生活スペースを兼ねた自室がブリードルーム」という絶対的な制限があるので、
これが原因で飼育環境の問題を解決できない場合はさすがに諦めるしかないのかもしれません。
無理をしないで出来る範囲で頑張ろうと思います。



1月中にはメスのボトルの3本目への交換を予定していますが、
通常羽化のメスについてはわざわざ書くこともなさそうなので幼虫管理表をコッソリ更新するくらいで、
ブログの記事更新はしばらく先になってしまうと思います。

そろそろブログで書く内容が無くなってきてしまい困りますねw
最近ではクワガタの飼育道具も揃ってしまい、新しい道具を買うこともなくなってきてしまいました。
ネットで有用な情報があり過ぎて、すぐに充実してしまうのが本当に良くないですねw
今では飼育中の成虫が全く落ちないので環境をもっと良くしようとする必要も無くなってしまいました。
それに自分はオオクワとババに専念したいのでこれ以上増種することもないと思いますので、
オフシーズンなんかは更新ペースがドンドン落ちていってしまいそうですが、
マイペースでやっていこうと思います。

それではまた。

2017年度ババオウゴンオニライン

今回はババオウゴンオニの話題オンリーです。
オオクワしか興味の無い方は最後の3行だけ読んでください。



ようやくババの来年度のライン編成を決めてメスを産卵セットに投入しました。
2016年の8~9月羽化の個体から種オス2頭、メス3頭を選びまして、
だいたい3~4ヵ月の成熟期間を確保することにして、12月からペアで同居を開始、
12/19にメス3頭をいっぺんにグリードSL産卵ケースに投入しています。


2017年1番ライン(1701)
♂67.5mm(1601-05)×♀48.0mm(1601-07) タニンターリ産 累代:F7

2017年2番ライン(1702)
♂67.5mm(1601-05)×♀45.0mm(1602-02) タニンターリ産 累代:CBF1

2017年3番ライン(1703)
♂67.0mm(1602-03)×♀47.5mm(1601-01) タニンターリ産 累代:CBF1

そもそも2016年が2ラインしかないので、組み合わせもコレしかありません。
1番ラインはインライン、2番ラインと3番ラインは♂♀が逆の血の組み合わせです。
来季は補強して新しい血を入れないとF7からはキツそうな気がしています。


16122501.jpg
画像の下から順番に1、2、3番ラインのメスです。

16122502.jpg
♀45.0mm(1602-02)のアップ


既に2番ラインと3番ラインのケースで卵が確認できているので、一安心というところです。
16122503.jpg16122504.jpg
ちなみにメスの投入時にはグリードSLケースの表面には何も敷きません。
マットはカワラ菌床が劣化する原因になるだけですので、できるだけこのままです。


2017年度の幼虫の飼育スケジュールですが、
去年の年末ごろから産卵のセットして、年明けから20度程度で常温管理していたら、
孵化までに2か月以上もかかってしまったので(それでもちゃんと育ったのですが)
今回は産卵ケースの管理温度を23~24度と高めにして孵化を早めてみようと思います。
孵化後は幼虫が2令になって安定するまで産卵ケースか菌糸プリンカップで管理して
2月になったら1本目のボトルに投入、
その後はカワラ菌床が劣化しないように22度くらいの低温管理を心がけて
オスは3本返し、メスは2本返しで、今年と同じく8~9月に羽化させたいと思っています。
今年と同じ飼育期間ですが、孵化が早まる分だけ幼虫の成熟期間が伸ばせる計算です。

2本目へは4月下旬、3本目へは6月下旬にボトル交換の流れが現実的でしょうか。
今年の経験からすると丸2ヵ月がカワラボトルの状態の安全圏かなと思います。
来季は低温管理でカワラ菌床を劣化させないことを最優先にしてみて、
1本目で菌床を劣化させたり暴れたりさせずに5月まで上手く引っ張れれば、
あとは2か月ごとに交換の流れで良い状態のまま羽化まで持っていけそうな予定です。
今年の内容からメスは菌床が酷く劣化しても無事に完品羽化できていたので、
メスの2本目交換後はボトルを地下室に移動して常温管理しようと考えています。

こうして完全にスケジュール通りに進めるのは難しいかなと思いますが、
飼育2年目になるので問題が起きても対処できるんじゃないかなと楽観的に考えています。





それから、2016年の2番ラインの母メス48mmが動きは鈍くなってますが、まだまだ元気でいます。
16122505.jpg
このメスは2015年の9月羽化個体なので、もう15ヵ月以上も生きていることになります。
産卵させても長生きする個体は問題なくこれだけ生きるんですね。
今までの傾向だとババは符節が1本欠けたと思ったら突然死のパターンばかりでした。
このメスは符節がまだ全て残っているおかげか元気でいるので、
ババは符節が欠けたら危険なラインまで弱っていると判断できるんじゃないかなと思います。

今年、ババの成虫は産卵後からペアで同居させたままで、冬場は20度前後で常温管理、
夏はクーラー入れて約27度の室温でずっと管理していたのですが、全然大丈夫でした。
思った以上に高温に強く、どの温度帯でもゼリーの食いが良かったので、
ババ成虫の管理温度に関してはあまり深く考えなくてもいいんじゃないかと思います。

そろそろこのメスも寿命だとは思いますが、どこまで生きられるのか興味もありますし
出来るだけ長生きさせてあげたいと思います。




次の更新は年が明けてからになります。
来年こそは一発目から「明けましてピンク色」な記事は避けたいですねw
それでは、みなさん良いお年を。

3本目への交換・・・

12月16日までにオス幼虫の大半を3本目のボトルに交換しまして、
2016年の幼虫管理表を更新しました。

結果から言うと「惨敗」です。
2本目で体重が増えるどころか減量した幼虫の方が多いくらいの悲惨な数字でした。
幼虫は3か月前とほぼ変わらない30~32g程度に収まり途中で成長を諦めてしまったかのような状況です。
身体も以前と同じく細いまま全く大きくなっていませんでした。
1本目では出遅れ組だった幼虫達もリカバー出来ず、体重を落としていて目も当てられません。
ここまでの悪い結果は予想していませんでした。

今季は去年の反省を踏まえて管理温度の調整もボトル交換作業も
当初の計画に合わせてやれることはキッチリやってかなり努力してきたつもりでしたが、
全く結果が伴いませんでした。
種親の選定をミスったのか、1本目の温度管理が悪かったのか、菌糸の選択が悪かったのか、
いろいろと理由を考えてみても、どれも思い当たるような・・・思い当たらないような・・・
努力する方向を間違ってしまっていたのかもしれません。本当にガッカリです。

それと去年のように全ライン成績が悪ければ管理ミスが成長しなかった原因だと納得もいくのですが、
コラボの1608ラインだけが同じ条件でズバ抜けて良い成績になってしまったことで、
種親の質の差と自分のセンスの無さを見せつけられてガックリときました。


とりあえず今回の交換で出てきた大きめな幼虫の画像を出しておきます。
現状で1608ラインのみ期待できる重量の幼虫が複数出てくれてはいますが、
この弾数だと完品羽化は1頭か2頭出せるかどうかかなと思っています。
それもちゃんと体重に見合った大きさで羽化してくれるかどうかは別の話で、です。
残ったラインから数頭大きな幼虫をプラスすることが出来たとしても、
夏頃の羽化を安心して楽しみにできる数ではありません。
来季は全体のアベレージをもっと上げて35g以上の幼虫を増やして、
3本目への交換時点でどのラインからでも大きいのが期待できるような状況を作りたいです。


1602-41 32.2g→36.2g このラインで1頭だけ突出して大きくなりました
16121701.jpg


1603-08 36.0g→34.0g 2本目交換時最高体重の幼虫。減量させたのは自分の力不足です
16121702.jpg


1603-09 33.4g→34.2g 3番ラインで最高体重個体。尻が長い印象でした
16121703.jpg


1610-02 30.3g→36.5g B団里子幼虫。レビンG使用のおかげか太り過ぎではない感じ
16121704.jpg


1608-13 31.6g→37.9g 体重の割にまだ細いくらいの印象でした
16121705.jpg


1608-01 31.2g→39.6g こちらもまだ余力を感じられました
16121706.jpg


1608-11 33.0g→43.7g 初の40gオーバー。
16121707.jpg16121708.jpg
16121709.jpg
最後に掘ったボトルからこの幼虫が出てビックリしたんですが、無事に完品羽化させられる自信は・・・
見た感じデブというわけでも無く、35gくらいの幼虫がそのまま2回り大きくなったような感じです。
自己ブリラインが本当にヤバい中で、C98さんに1頭だけでも40gオーバーを見せつけられたので良かったです。
プロフィール

matt(マット)

Author:matt(マット)
東京都在住。2014年の11月頃からオオクワガタの飼育を開始しました。2015年度から大型狙いのブリードに挑戦。
2015年は冷蔵庫の幼虫管理失敗で成長不良を起こして早々に撃沈。来季から本気出します。
能勢産の大型血統だけに絞って飼育します。

ライン表と幼虫管理表
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

お名前:
連絡先メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム